モリー・ムーン百科事典
 
 
  イエローキャブ yellow cab  
  タクシーのこと。もともとは「辻馬車」を意味する単語。日本やイギリスではタクシーというが、アメリカでは一般にキャブと言う。 taxicabという言葉もある。ニューヨークのタクシーは黄色のため、通称イエローキャブと親しまれている。この物語の中では、イギリスにいる時はタクシーと言っていたイギリス人である主人公のモリーが、アメリカのニューヨークに着いてからはキャブと表現するが、ついついそこかしこにタクシーという表現が知らぬ間に?出てきている。