モリー・ムーン百科事典
 
 
  アドレナリン adrenaline  
  副腎髄質から分泌されるホルモンで、瞳孔散大、心拍増加、血圧上昇,皮膚血管収縮、酸素消費増大など交感神経系の作用を示す一方、消化器管の運動と分泌は抑制する。低血糖、出血、酸素欠乏その他のストレスにより分泌される。交感神経からも分泌され、神経伝達物質として中枢神経系にも存在し、不安や恐怖などの反応が現れるのに関係する。
五十単語テストのあと、ミセス・トウドリーがモリーの態度に腹をたて、鼻息を荒げてくしゃみをし、座りこんでしまったときに、興奮の激しさを表現するのに使われている。
ノックマンについても、「アドレナリンが血液中に大量に放出された」場面がある。どうしてノックマンはそれほど興奮したのか、物語をチェック!!